脂肪や老廃物などが絡み合い脂肪の塊

脚痩せを原因を理解していないまま、食事制限をしてしまったり運動をして脚痩せを実現出来てもすぐに元通りになってしまうことになります。
足が太くなってしまう原因としましては、むくみと脂肪と筋肉があり、この3つを解消することが出来れば脚痩せは可能だと言えます。

 

悩みのセルライトというのは、血行が悪くなってしまうと皮膚の下の脂肪細胞が肥大化してしまい、脂肪や老廃物などが絡み合い脂肪の塊のことを言います。
多くの女性はすでに知っていることかと思いますが、脚痩せにはセルライトの除去が非常に重要なのです。
脚のむくみは、立ち仕事をしている人や一日中座りっぱなしの人などに非常に起こりやすい症状となります。
また脂肪による足太りというのは特にセルライトが原因となっています。 「とにかく美しくなりたいから人気の美容対策を実践しよう!」と考えている人がいますがそれでは駄目なのです。
どんなに人気の美容対策方法だったとしましても、貴方の体質には合わないことも考えられるのです。



脂肪や老廃物などが絡み合い脂肪の塊ブログ:05月22日

減量中、腹が減ったらどうしていますか?
我慢していますか?

皆様、あまり無理しないでくださいね。
無理に我慢してしまうとストレスが貯まり、
ストレス食いをしてしまうことになりますし、
減量が辛いものになって長続きしませんよ!

減量中でも、腹がすいたら間食をしましょう!
間食はいけないと思っている人が多いと思いますが
間食がいけないのではなくて、
間食で食べてはいけないものがあるだけなんです。

減量中の間食としてお勧めなのが、
リンゴやイチゴなどのフルーツです。

カロリーを気にする人もいますが
フルーツは消化吸収に多くのカロリーを必要とするので
吸収されるカロリー自体は低いのです。
もちろん、スナック菓子と比べれば低いですよね!

さらに、フルーツには水分も多く含まれているし、
ビタミンも豊富!
ビタミンは脂肪の燃焼に必ず必要となる物質なので、
減量には欠かせませんし、
美容にもいいですよ。

もう1つお勧めなのが、
チョコレートや
大豆などで出来たスナック菓子です。

チョコレートは少し食べるだけでも血糖値を上げて
脳を満足させるので、
ライスの前に食べると食事量が少なくて済みます。

大豆で出来たスナック菓子は、
栄養価が高いので、減量補助食品になります。

ちなみに、
間食として食べてはいけないものは、
炭水化物と油を多く含むものです。

なぜダメなのかというと、
炭水化物と油を一緒に食べると、
すぐに脂肪に変わってしまうからです。

減量中でも、腹がすいたら…
フルーツやチョコレート、
大豆で出来たスナック菓子などを食べるようにしましょう。

もちろん、どんなものでも食べ過ぎてしまっては、太ってしまうので
適量ですよ!


ホーム サイトマップ