女性ホルモンの分泌が活発にすることががバストアップを実現させるポイント

女性ホルモンの分泌が活発にすることががバストアップを実現させるポイントとなります。
女性ホルモンの分泌は、脳下垂体と呼ばれている場所の、視床下部で調整されているのです。

 

視床下部の働きが悪くなってしまいますと、バストアップに必要となる女性ホルモンの分泌がされなくなってしまいます。
なのでバストアップを考えている人は、とにかくストレスを溜めることの無い生活を送ることが大切なのです。
視床下部でどの程度の量が分泌されるかが決まることになりますが、実はストレスを最も受けやすい場所なのです。
このことからストレスを抱えてしまいますと、視床下部の働きが悪くなってしまうのです。 美容という言葉を利用した詐欺的な行為をしている悪質業者が最近になって増えてきています。
雑誌やインターネットなどで「絶対に美しく慣れる」なんて宣伝文句を100%信じて良いワケではないのです。



女性ホルモンの分泌が活発にすることががバストアップを実現させるポイントブログ:03月23日

ダイエットを行う場合、
1日のご飯回数を3食から2食に
減らしている人は少なくありません。

でも
このやり方は、すごく効率が悪く、
太りやすいご飯方法なのです。

驚くかもしれませんが
ダイエットではご飯回数を増やした方が
脂肪燃焼効果が高くなり効果的なんですよ!

日本ではあまり知られていないのですが、
ダイエット先進国のナウルなどでは、
当たり前のダイエットのご飯方法となっています。

ご飯回数を増やすと言うのは、
決められた1日の摂取カロリー量を
「複数に小分けして食べる」という事です。

同じ量を食べる場合でも、
ご飯回数を多くすることで
ダイエット効果を高めることができるのです。

なぜご飯回数を増やしたら
効果的なのかというと…

人間はご飯をすると代謝が上がります。
代謝が上がるということは
体脂肪が燃焼しやすくなりますよね。

なので、
ご飯回数を増やせば、
それだけ多く体脂肪燃焼を促す効果を得られるのです。

ご飯回数を増やすことで
代謝を高く保つことができるので、
体脂肪が燃焼しやすい状態を維持することができるわけです。

また、
太ってしまうのは、
食べたモノが消化しきれずに
脂肪として体質に蓄積されるからです。

これは一回のご飯量が多いことが招いているのです。

ご飯回数を小分けすれば
一回のご飯量を少なくすることができるので、
消化がよくなり脂肪として体質に蓄積されにくくなるのです。

ご飯回数を多くすることのメリットは
ストレスの軽減にも役立ちます。

ダイエットでは
「食べられない」状況が続きストレスがたまりがち…

ご飯回数を増やすことで、
一回のご飯量は少なくても複数回食べることができるので、
「食べたい」という欲求を
緩和することができるのです。


ホーム サイトマップ